こんにちは着物の買取売却査定ナビです。今回は小宮康孝の江戸小紋の価値と相場について記載していきたいと思います。人間小宮康孝は、小紋染の型付の修業に励み「極鮫」「極通」など小紋柄の中でも微細・精緻で品格のある文様を多く手がけた名匠で、父小宮康助とともに日本伝統工芸、江戸小紋の第一人者です。

人間国宝 小宮康孝 単衣江戸小紋の価値

江戸小紋 江戸小紋

落ち着いた緑を基調とした地に繊細な小紋柄、見事な名匠の技で染め上げられた至極の逸品、ひと目で惹き込まれる表情豊かなその美しさは、卓越した技術に裏付けされた作者の情熱が表現されています。

寸法は身丈:167cm(肩から) 裄 :68cm 肩幅:34cm 袖幅:34cm 袖丈:52cm 前幅:27cm 後幅:31.5cmで素材は正絹の中古品、東京都の業者によって販売され市場にて約22.5万円で取引されました。

人間国宝 小宮康孝 江戸小紋 桜文の価値

江戸小紋 江戸小紋

小宮康孝の江戸小紋です。下前の衿先に落款があり、文様は漆黒の地色にかわいらしい桜の花びら、洒落感たっぷりのかわいらしい柄となっております。

こちらの逸品は中古品で寸法は裄 1尺6寸7分(63.3cm)、身丈(肩から) 4尺0寸1分(152.0cm) 袖幅 8寸5分(32.2cm)、袖丈 1尺3寸(49.3cm) 前幅 6寸9分(26.1cm)、後幅 8寸1分(30.7cm)、神奈川県の業者によって販売され市場にて約17万円で取引されました。

小宮康孝 よろけ縞 江戸小紋の価値

江戸小紋 江戸小紋

小宮康孝作黒白よろけ縞の江戸小紋です。寸法は身丈164cm(背の衿下から裾まで)裄丈63cm袖丈49cm前幅24,5cm後幅29,5cm袖幅32,5cmとなっており、素材は正絹の中古品。愛知県の業者によって販売され市場にて12.5万円で取引されました。

小宮康孝の江戸小紋の価値と相場まとめ

いかがだったでしょうか?小宮康孝の江戸小紋は人気が高く中古品だとしても市場にて高額で取引されております。今回の記事が着物の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。