こんにちは着物の買取売却査定ナビです。今回は小川善三郎の帯・反物の価値と相場について記載して行きたいと思います。小川善三郎は大正-昭和時代の染織家です。父熊吉に師事し、昭和27年独立、手織りによる献上博多織の研究をつづけ、昭和38年全国織物物産地競技大会賞などを受賞し、昭和46年には献上博多織で人間国宝となりました。

小川善三郎 名古屋帯 未仕立ての価値

名古屋帯 名古屋帯

重要無形文化財 献上博多織技術保持者 人間国宝 小川善三郎 名古屋帯 未仕立て品です。本染織りの性質上僅かなスレや染織りムラ等が出てる可能性がありますが大変状態の良い品で価値があります。

寸法は長さ 500㎝ 幅 30.5㎝で未仕立て未使用、群馬県の業者によって販売され市場にて約9万円で取引されました。

小川善三郎 草木染 博多名古屋帯の価値

名古屋帯 名古屋帯

人間国宝 重要無形文化財指定 小川善三郎の草木染八寸名古屋帯です。 同じ献上柄でも他の博多帯とは肌触り、色の出方などにおいて違いの判る、ピンクがかったオフホワイトの優しいお色の大変上質な博多帯です。

寸法は幅:約30.4cm 長さ:約366cmで中古品、若干のシミがありますが価値があり市場にて約7万円で取引されました。

草木染三越人間国宝小川善三郎 博多織袋帯の価値

帯 帯

三越で販売されていた人間国宝小川善三郎の博多織草木染の袋帯です。未使用品で生地は正絹、寸法は幅 31cm 長さ 364cmとなっており、東京都の業者によって販売され市場にて約3万円で取引されました。

小川善三郎の帯・反物の価値と相場まとめ

いかがだったでしょうか?小川善三郎の作品は価値が高いものだと中古品だとしても10万円弱の金額で取引される事があります。今回の記事が着物の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。