こんにちは着物の買取売却査定ナビです。今回は木村雨山の訪問着と留袖の価値と相場について記載していきたいと思います。加賀友禅重要無形文化財保持者の木村雨山は明治24年に金沢で生まれました。その後、昭和30年には重要無形文化財認定され、昭和41年には紫綬褒章、昭和51年には勲三等瑞宝章を受賞しました。

日本画の技術による優雅で端正な世界観を確立させ、草花や花鳥など自然美をモチーフに使用した作品が数多く残されています。

人間国宝 木村雨山 梅模様袋帯の価値

袋帯 袋帯

(画像引用元:オークファン)

人間国宝 木村雨山 梅模様袋帯です(中古品)。地色は小金色、織りで模様が表されております。寸法は長さ=436cm太鼓幅=31cmで素材は正絹、東京都の業者によって販売され市場にて約12万円で取引されました。

人間国宝 木村雨山 ウズラ 名古屋帯の価値

名古屋帯 名古屋帯

木村雨山のウズラが描かれた名古屋帯です。昨今の加賀友禅は染料の種類も増え、華やかなものが多くなっているので、こういった原始的ともいえる意匠は珍しいです。寸法は長さ: 357cm幅: 30cmの中古品、大阪府の業者によって販売され市場にて約12万円で取引されました。

人間国宝 木村雨山 絵皿に鯉 なごや帯

名古屋帯 名古屋帯

人間国宝 木村雨山の絵皿に鯉が描かれた美しい名古屋帯です。寸法は長さ: 368cm幅: 30cmの中古品、大阪府の業者によって販売され市場にて約10万円で取引されました。

人間国宝 木村雨山 加賀梅端鳥模様袋帯の価値

袋帯 袋帯

金銀の霞取りの地に梅に端鳥模様が描かれた袋帯です。 人間国宝 木村雨山画伯の絵を繊細に掘り出した品で凛とした存在感と気品があり、訪問着から留め袖までお使いいただける逸品。六通柄で寸法は長さ : 約440㎝ 幅 : 約31cmの中古品、広島県の業者にって販売され市場にて8万円で取引されました。

人間国宝 木村雨山 名古屋帯の価値

名古屋帯 名古屋帯

ごく淡い色付きのミントグリーンに染めあげた帯地に聞こえる、鳩の戯れ。日本の伝統的な美意識を写生調の図案に託し、意匠構成を現代的感覚でまとめた優雅でみずみずしい新境地を開拓した逸品です。

寸法は364.5x30.5cmの中古品、兵庫県の業者によって販売され市場にて約6万円で取引されました。

木村雨山の袋帯・名古屋帯の価値と相場まとめ

木村雨山の作品は中古品だとしても価値が高く市場にて10万円以上の金額で取引されるものも多く、業者による買取価格も高額となっております。今回の記事が着物の買取査定価格の参考になりましたら幸いです。